アクセスランキング ネタ no.739 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】
FC2ブログ
 

パチンコは胸の谷間よりも深い。 

ネタ 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】

このページの記事目次 (タグ: ネタ の検索結果)

← 前のページ  total 41 pages  次のページ →  

アテンションプリーズ。

   ↑  2011/08/03 (水)  カテゴリー: ねた的な記事
いまではCAと呼ばれる客室乗務員。
最高の気遣いと時折見せる笑顔で、時間に追われるビジネスマンの清涼剤となってくれている。

そんな客室乗務員(以下CA)さんとの思い出など。


数年前、とある出張で上司と飛行機に乗ることになった。
かなり太っている上司は足下が広いからといって、いつもCAさんの目の前の非常口に近い席を取った。

上司は良く言えば人なつこく、悪く言えばお調子者だったので、しばしばCAと仲良く話していた。

しかし毛が生える前からジェントルメンである私は、CAさんのデルタゾーンには目もくれず、ひたすら日経ビジネスを読んでいたものだ。

話を戻し、日経ビジネスに穴を開けて覗いてみると、今回はなかなかカワユイお方ではありませんか。

至って普通にトークを始める上司。
エロ侍のくせにトークに混じらないのかって?
ノンノン、私は今日の東証株価指数と為替相場、それと各国の政治情勢にしか興味がないのだよ。


上司 「(前略)…どちらの出身なんですか?」
CA 「あ、札幌ですよ。」

上司 「そうなんですか。…じゃあ高校も公立ですか?」
CA 「ご存じないかもしれませんが、○○高校です。」
DC2「え…私その高校出身です!凄い偶然ですね!」

CA 「ホントですね!なんかSKK感じちゃいます…どうですか、このフライトのあとお酒でも飲みながら高校の話で盛り上がりませんか?」
読者 「なわけねえだろ!」

どこまでが妄想だか分からなくなってしまったが、なんという偶然だろう。
思わず東スポを投げ出すほどの話題。
あ、日経ビジネスだった。

会話の流れを完全に私に持って行かれ不機嫌になる上司をよそに、高校の話で盛り上がった。
どうやら我が高校始まって以来の客室乗務員だとかなんとか。


あっという間に時間は過ぎて着陸のベルト着用ランプが付き、再び着座した同郷のCAに対して私は極々自然に、そしてエレガントにメルアドを渡した。

正確には「せっかくだからメールアドレスでも交換すれば?」と不機嫌なのかおせっかいなのか分からん上司に促されてのことなんですけども。

震える手でメルアドが書かれた紙を渡すと、それを笑顔で受け取るCA。

なあに、婦人警官だってCAだって女性だ。
ただ、出会うきっかけがないだけさ。

彼女たちは、毎日の命をかけたルーティンワークに少しだけ疲れてる。
そう、俺らが今度は一服の清涼剤になる番さ。

うふふ、アテンションプリーズ、本日は当姫(とうき)にご搭乗頂きまして、誠にありがとうございます。
非常に揺れますのでご注意ください。
なんつってな!なんつってな!


いやいや、私は単純に異業種交流がしたいだけ。
どっちかというと異種格闘技の横四方固め!だけど。


そして、後日。
なんと…!









メールは一度も来なかった。



オチが読めた奴、ちょっと表出ろ。

blogrankingbanner


この記事に含まれるタグ : ネタ エロス 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-739.html

2011/08/03 | Comment (16) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。
| ↑ ページ先頭へ ↑ |