アクセスランキング 家族愛 no..852.798.755 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】
 

パチンコは胸の谷間よりも深い。 

家族愛 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】

このページの記事目次 (カテゴリー: 家族愛

total 4 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ

その後のショウ君。

   ↑  2013/04/15 (月)  カテゴリー: 家族愛
<ショウ君シリーズ>
本当の強さ
いじめっこショウ君。
さよならショウ君

函館に行ってしまったショウ君のその後。

この間函館に行ったショウ君たちご一行が、春休みを利用して久々にこちらに帰ってきた。
約1年ぶりとなるショウ君は、一体どんな風に成長したのだろうか。

実は函館に家族旅行に行った際に立ち寄ろうと思ったのだけれど、先方がなんと札幌に戻っていてすれ違いで会えなかったのです。

今回は近所の焼鳥屋でウチの嫁さんと息子・娘、ショウ君とショウ君のお母さんの5人で会ってるとのことなので、ホールで打ったあとに顔を出してみた。
子ども達がお店にいるにはだいぶん遅い時間だけど、親と一緒だし春休みだからな。

見た目はハライチのおにぎりな方にそっくりなショウ君。
私が合流したころにはすでにうち解けていた雰囲気。
心なしか少し背が伸びて大人びた表情な気がする。

焼き鳥を適当に注文し、ショウ君の横に座る。

DC2「ショウ君久しぶりだね!元気だった?」
ショウ「うん。」
DC2「向こうでは友達できたかい?」
ショウ「うん。できた。」
DC2「そっかー!良かったな!じゃあ好きな人は?」
ショウ「いないよ。」
DC2「またまた~ホントはいるんでしょ?」
ショウ「いないって!」

顔を赤らめるショウ君。
そこにはいじめっこだった彼ではなく、普通の少年がいた。
彼の性格から友達は出来にくいんじゃないかと心配していたが、ちゃんと向こうで友達を作れたようだ。

ショウママ「私はDC2さん。だってドSだから!あの冷静な突っ込みが私みたいなドMにはたまら・・・」
DC2「いや、子どもの前ですから!」

どうやらショウママはすでにできあがっているようだ。
やっぱこの母ちゃんはそういうキャラなんだろうな。
でも意外とナイーブな気もする。

DC2「ショウ君はさ、将来何になりたいの?」
ショウ「えー、ゲームとか作りたい。」
DC2「おーそうか!おじさんも実は昔プログラマーって職業に就きたかったんだ。ちなみにゲーム何が好き?」
ショウ「ドラゴンボールとか。」
店長 「あれでしょ?太陽拳!って手をこうして…」
ショウ「違うよ、指は2本じゃなくて4本!」
DC2「今度映画やるよね!見に行くの?」
ショウ「うん!」

良い雰囲気じゃないか。
昔から感情を表現するのが苦手だっただけなんだろう。
どうでもいい話を沢山しているうちに、ショウ君の顔から笑顔が出てきた。

どうやら私を気に入ったらしく、一緒に帰りたい!とショウ君がいうので、先にショウ君と子ども達を家に送り届けることに。
駐車場で軽く雪合戦をし、みんなを車で送り届けた。

次また会うときには、さらに大人になっていることだろう。
楽しみだ。

実践日記へ。
blogrankingbanner
↑大人になってきたショウ君にほっこりしたら押して。

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 稼働日記 真面目 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-852.html

2013/04/15 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ

さよならショウ君。

   ↑  2012/06/14 (木)  カテゴリー: 家族愛
ウチの息子とケンカばかりしていたショウ君。
どちらかというと一方的にやられていたというのが正確な表現だけど、保育園時代からの腐れ縁だ。

ショウ君は切れるとすぐ手が出る乱暴もので、手加減というモノを知らない。
力一杯髪の毛を引っ張る、女子にも手を出す、など書き上げればきりがない。
でも、根が優しい子なのは家族みんなが知っている。

本当の強さ」「いじめっこショウ君。」あたりを読むと、どんな子なのか一発で分かると思う。

さらにお母さん同士は保育園時代から知っているご近所さんということもあり、しょっちゅう飲みに誘われている様子だ。
ショウ君の母親は「ウチのショウからなんかされたら、すぐアタシに言いなさいよ!」といってくるゴーカイ系かーちゃん。
いや、そもそも乱暴を働かないように普段から注意してくれよ!と思っていたんだけど、シャイな私は言えなかった。

そんなショウ君一家が、お父さんの仕事の関係で函館に転校することになった。
その話を聞き、最初は「やった!これでもう、ヤなことされないですむ!」と喜んでいたウチの息子も、その時が近づくにつれてだんだんと寂しくなってきたようで、しきりに「あー、あと少しでショウ君とお別れだ。」と言ってくる。
なんだかんだ言っても気になる存在のようだ。


3月末になり、ショウ君のお別れ会を学校で開いた。
そして、そこにいた誰もが驚いた出来事があった。

悪ガキでいじめっこだったショウ君はどこにもいなかった。
「行きたくないよ…!」とみんなの前でわんわん泣くショウ君。

ショウ君のお母さんから、家でも函館に行きたくない、みんなとお別れしたくないと毎日泣いていたとも聞かされた。

やはりこの子は精神的に未成熟なだけなのだ。
なんでもかんでもレッテルを貼らずに、注意深く大人が成長を見守る必要があるのかもしれない。

…しかし。

我々は保育園時代から本当のショウ君を知っているので、多少の乱暴には我慢できるが、函館ではどうなのだろう。
感情が高ぶるとすぐに手がでてしまう転校生。
そんなショウ君が孤立してしまうのではないかと心配になった。

旅立ちの日、息子はショウ君に手紙を書いた。
「ぜったい函館に遊びに行くからね!」と。

数年後にショウ君が戻ってきたときに、お互いどうなっているのだろう。
そのときは、どこか憎めない悪友を息子と一緒に笑顔で出迎えてあげたいなと思う。

一旦さよならだね、ショウ君。

blogrankingbanner

実践日記へ。

この記事に含まれるタグ : 真面目 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-798.html

2012/06/14 | Comment (12) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ

モテキ。

   ↑  2011/10/21 (金)  カテゴリー: 家族愛
ども、DC2TYPERです。

どうやら息子がすごいことになってるようですの。
またほら!すぐそうやってエロイ方向にもっていこうとする!
私がいいたいのは、男の子についてるモノの方。

…同じいいいいいいぃぃぃ!

どうやらね、8歳の息子がモテモテらしいんですわ。

最近休みの日に「俺、今日デートいってくる!」などと、抜かしおる。
同じクラスの"わかちゃん"と会ってるようだ。

なんか悔しいので、からかってみた。

DC2「なんかさー、最近ずいぶんモテモテだねー。クラスでは誰が一番モテるの?」
息子 「僕。」
DC2「!?……モテるって…またまた!…じ、じゃあ…何人に?」
息子 「えー、6人くらい?」
DC2「…」

ceac1188.jpg

DC2「…け、けどさ、わかちゃんがいるじゃん。」
息子 「好きなのはわかちゃんだけだし…あとは向こうから好きっていってくるだけ。」

いや、泣いてないし。

詳しくは書かないけど、すでに敗北感。
ふんがー!

けどさ、あいつもう3回しかないモテキ券使ってやんの!
やーいやーい、あと2回!

…。

実践日記へ。
blogrankingbanner
同情するならポチをくれ!(古

この記事に含まれるタグ : 稼働日記 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-755.html

2011/10/21 | Comment (15) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ
| ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。