アクセスランキング 子どもの気持ちになれる本のご紹介 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】
FC2ブログ
 

パチンコは胸の谷間よりも深い。 

子どもの気持ちになれる本のご紹介 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】

子どもの気持ちになれる本のご紹介

   ↑  2008/09/02 (火)  カテゴリー: おすすめしたいもの
女性の味方DC2TYPERでございます。
ええと、お母さん(お父さんも)1年生に是非読んで貰いたい本があります。

どうせDC2のお勧めなんて、旦那と倦怠期を迎えて熟れた体をもてあます奥様向けのエロス関係でしょ?・・・とかそういうんじゃないから大丈夫。

今回のお勧めはコレ。

子育てハッピーアドバイス子育てハッピーアドバイス
明橋 大二

1万年堂出版 2005-12-01
売り上げランキング : 751
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




この本は、一言でいえば「コーチング」の子ども版です。
「コーチング」ってご存じですか?一定以上の役職に就いているOLさんやリーマンなら聞いたことあるかもしれないですが。

あれです、野球とかスポーツの「コーチ」っているじゃないですか。
彼らは監督と違って、選手に何が足りないかをアドバイスする役割ですよね。
つまり「指示」「命令」なんかは基本的にしないわけです。

選手の現状がこうで、だから君には○○が足りないよ・・とアドバイス(=coach)に徹するわけです。
そうすると選手は、それを克服するにはどうしたら良いかを"自分で"考え、それを補うべく自己鍛錬に励むというわけ。

それを部下や後輩に対して実行しようというのが「コーチング」なのです。
「学校の先生」は「ティーチャー」であり、自分の知っていることを伝える(教える = teach)。だから残念ながら先生の限界が生徒の限界なんですよね。
でも「コーチャー」は別に自分が三冠王じゃなくても選手が三冠王を獲ることは可能です。


そしてこの本。
子どもに対して「早く○○しなさい!」「どうして○○しないの!!」などの指示・命令ばかりしていると子ども達はどうなりますか?という問いかけをこの本ではしています。

「なぜ」「どうして」ではなく「そうするためにはどうしたらいいか」を子どもと一緒に考えるきっかけになる本です。


我が家では双子が生まれたときに、嫁さんはいわゆる育児マニュアル本を買おうとしました。もちろんマニュアル本が悪いとは思いませんが、我が家の場合すでにマニュアルに書いていない状態で生まれてきていますから、その通りにいくわけがありません。

「この本ではそろそろ○○が出来る頃と書いてあるけど、ウチの子はまだ・・・」とか「どうしてこの通りにやってるのに出来ないの!」となりそうな予感がしたんですね。

だからマニュアル本の類は離乳食レシピ以外は買わせませんでした。その代わりがコレ。
是非ご夫婦で読んで頂きたいと思います。

お陰様かどうか分かりませんが、子ども達は元気に今も育っています。


また、お子さんがいないご夫婦やお一人の方でも、何か参考になることが載っていると確信しています。
それはコーチングのエッセンスがこの本には凝縮されているからです。

私は良く、「子どもが生まれて初めて社会人として一人前だと」言われました。
その意味が今はなんとなく分かる気がします。

部下が聞いたら怒るかもしれませんが、「部下」と「子ども」は似ていると思います。「あーしろ」「こーしろ」と「指示・命令」ばかりしていて、でも部下が一向に変わってくれないと悩んでませんか?
「言いたいことを言え!」と言いながら部下が正直に話すと「くだらない言い訳するな!」と言ってませんか?

それらを改善するヒントが隠されてるんじゃないかな?
関連記事


(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-209.html

2008/09/02 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ
この次の記事 : ペカリンピック参戦報告
この前の記事 : まさかのマイナス転落・・・

Comment


◆しーくれっとさん
そうですね、仰るとおり簡単じゃないですよね。
私は親として、しーくれっとさんよりも後輩なので偉そうなことは言えませんけど、しーくれっとさんが抱えている問題は「親の教育」や「周りの環境」の問題ではないと知りました。
これって家族にとっては辛いですよね。周りからみたら病気とは思われないのですから。障害者の兄を持っていた私としては、心中痛いほど分かります。

でも親だってロボットじゃありません。感情的にだってなります。それに子どもの反抗は自我の成長には欠かせませんし、「親の言うなり=顔色ばかり伺う子」になりかねないんですからいいんじゃないでしょうか。

なあに、みんな完璧な親なんて居ませんよ。子どもと一緒に成長するくらいで丁度良いんじゃないですか?自分なんてまだまだガキですよ^^

こちらこそいつもありがとうです。


◆ホワイトさん
「ママゴリラ」っていう歌があります。今度聞いてみてくださいな。怒ってるのがバカらしくなりますwww

きっと我々オヤジの仕事の一つに「奥さんの愚痴を聞く」ってのがあると思います。
仕事で疲れてクタクタで帰ってきて、「今日あーだ、こーだ・・・」と結論の出ない会話に付き合うのはキツイ。
でもそうして奥さんのガスを抜くことによって、明日は今日よりもみんなに優しく接することが出来るかもしれませんね。

え?私?んー・・・たまーにやってますよ。たまーに。
毎日言われるとつい顔に出てしまいますけど。

愚痴でもいいじゃないですか。ここは息抜きをする場所ですから。

あざーす!


◆ユージさん
(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・
さすが!コーチング知ってましたか!

実行するのは難しいです。でも心がけるだけでも違うと思ってます。

子育てっていうと大変そうですけど、実際は生活の一部なんであまり苦じゃないですよ。

どうですか、この際針で穴を開けて既成事実を作るってのは(-ω☆)
現代において順序はあまり問題じゃないみたいですよ~www

いつもありがとう!!


◆万ちゃん
そうなんだよね。本に悪気は無くても、ついつい我が子と比較してしまうと思う。
そりゃ量産型じゃないんだからみんな違って当然なんだけど。
育児ノイローゼにかかりやすい人は、責任感が強くて私みたいに大ざっぱじゃない人が掛かりやすいみたい。そういう意味でウチの嫁さんが近いかもって思ったから、マニュアル本は買わせなかったんだよね。

そう!「アドバイス」が大事。でもアドバイスってお互いの信頼関係があってこそ生きてくるんで、その構築をどうするかが本当の課題だと思う。

本屋さんで見かけたらパラパラっと立ち読みしてみてね。
きっと何かの役に立つと思う。


◆げんきさん
いやいや、成功しているわけじゃないから大して変わらんです。

げんきさんの言うことも正しい。旗を振る大将が居ないと組織は上手くいかんですな。仲良しグループじゃないんだから。

でもね、げんきさんとこの自由奔放さって大事だと思うな。

我がまま=自己中心的=自己がある、ってことでしょ。
自己がない=言うがまま=能動的に仕事しない、よりも全然良いと思う。

失敗してもなんでも己で考えるって羨ましくもある。
状況を知らない人間が言うことじゃないけど、できるだけ前向きに行きましょ。
げんきさんならきっと出来ると思う。

ありがと!

DC2TYPER |  2008/09/04 (木) 10:54 [ 編集 ] No.4978


さすが管理職(・∀・)

コーチング難しいっす┓( ̄∇ ̄)┏

でも組織には監督も必要なのよねぇ…(=_=;)
ウチ、自由奔放でバカちょんばっかですわ…

げんき |  2008/09/03 (水) 22:43 No.4975


こんばんわ~~!(ノ´▽`)ノ
なるほど~~(´・ω・`)
育児マニュアル本
>>この本ではそろそろ○○が出来る頃と書いてあるけど
たしかに、普通というか、一般的なのでは、そろそろこの時期に
こういうことが、出来てくるかも?

書かれていて
何でうちの子は出来ないの!?って思い込んでしまう事もありそうですよね^^;

アドバイス、ってのがいいですよね!!
こういう考え方もあるよ~?^^
とか、こうしてみたら、どうかな?^^、ってのが載ってそうーー!^^

考え方、捕らえ方次第で、変わってきますもんね^^
(ノ´▽`)ノ凸

ジョン |  2008/09/02 (火) 22:39 No.4972


うちの会社でもコーチング取り入れてますよ・・・うまく行ってるのかは別としてw

子育てって、色々と考えさせられることがあるんでしょうね (´・ω・`;)
いつか俺にそんな状況が出来たら参考にします♪

まずは・・・嫁探しwww

つ凸

ユージ |  2008/09/02 (火) 13:49 No.4968


ついつい、あれだめこれだめって上から目線になってします。
子育てって根気がいりますよね。
嫁さんは子供といる時間が一番長くて、家事もやらなきゃで
結構いっぱいいっぱいになちゃって、なかなかコーチングできるほど
心に余裕が持てないっぽいので、心配です。

こうゆうのをどうやって素直に受け入れるようにもってくか、
難しいな~。

自分だけでもやってみっかな。

すんません、愚痴だw

ホワイト |  2008/09/02 (火) 12:00 No.4967


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2008/09/02 (火) 11:49 No.4966

コメントを投稿する 記事: 子どもの気持ちになれる本のご紹介

お気軽にコメントをどぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : ペカリンピック参戦報告
この前の記事 : まさかのマイナス転落・・・
| ↑ ページ先頭へ ↑ |