アクセスランキング Were you happy life? その2~メラノーマ 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】
 

パチンコは胸の谷間よりも深い。 

Were you happy life? その2~メラノーマ 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】

この記事に含まれるタグ :
真面目  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ

Were you happy life? その2~メラノーマ

   ↑  2015/10/06 (火)  カテゴリー: 犬のこと
みなさんこんにちは、DC2TYPERです。

興味がないジャンルかもしれませんが、定期的に書いていこうと思います。
普段のテンションとは違いますが、同じような境遇の方のお役に立てればと思います。

[15/9/23]…15日目
シルバーウィークというつかの間の安息も、残酷な先生からの電話で現実に戻される。

先生「残念ながら検査結果はやはりメラノーマでした。これからどうするかを早急に決断しなければなりません。」

…手術してから数日しか経っていないのに、また同じ場所が腫れてきている。
そのことからも、メラノーマで間違いないとのことだった。

堪えきれず子ども達は泣いてしまった。
嫁さんは気丈にも「今後のことを家族で話しあおう」と言った。
私も落ち込んではいられない・・・

ひとつ、北大病院などに転院し、病気と闘う
ふたつ、本人の痛みが最小限になるよう病気と向き合う

現時点ではこの二つでしかない。

北大病院では専門医もいるため、手術だけではなくCTや放射線など最新の設備で治療してもらえる可能性があるらしい。
CTはレントゲンよりも詳細に撮影できるため、どこに転移しているかも分かる。
しかし北大病院自体は非常に混み合っており、また週に何度も通院しその度に全身麻酔をかけて治療を行う負担を強いることになる。

仮に手術をしない場合、本人の痛みを緩和していくことになる。
当然患部の切除はしないため、いつまで生きていられるかは他の箇所への転移次第となるだろう。

病院自体が大嫌いで、幾たびいつも震えているウチの子にとっては、間違いなく通院はストレスになるだろう。
だとすれば、やっぱり毎日のように知らない病院に連れて行くのは本人にとって辛いことなんじゃないだろうか。

あと5年寿命が延びるならば手術するという選択しもあったかもしれない。
でも、15歳という年齢を考えて、私たちは手術しない選択をした。

どちらを選択しても、人間のエゴなんじゃないか。
この選択はこの子にとって、最後の瞬間にこの家に飼われて幸せだったと思ってもらえるのだろうか・・・。
考えただけで涙が出てきた。


[15/9/25]…17日目
かかりつけの先生にそのことを告げると、その先生自体も北大のような病院で来る日も来る日も通院させるのはあまりお勧めしていない感じだった。
その先生からその病院からそう遠くないM動物病院というところに、CTが導入されていると教えてもらった。

CTがあるならメラノーマを診察した経験もたくさんあるだろう。
手術はしないまでも、CTそのものを撮影する必要性・今後の余命・治療方針などを聞いてよう。

<つづく。>
関連記事


この記事に含まれるタグ : 真面目 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-939.html

2015/10/06 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ

Comment

DC2TYPER">
■リリさん

10歳を超え、15歳の誕生日を超えてもなお当事者の意識がありませんでした。
そういう意味では覚悟や心構えが足りなかったのかもしれません。

だんだんと体調は悪くなってきたようです。
今年いっぱいは持たないかな・・・と考えたくもないことを考えてしまいます。

DC2TYPER |  2015/11/11 (水) 14:41 No.12921


■きあらさん

そうですか・・・みなさんお別れを経験してるんですね。

やはりどちらを選択しても選ばなかった方の可能性を考えてしまいますよね。
どうにか折り合いを付けて前を向いていこうと思います。

ありがとうございます。

DC2TYPER |  2015/11/11 (水) 14:33 No.12918


■サートさん

そう割り切るにはすごく時間が掛かりましたが、いまはそう思っています。
手術しても根治できる見込みは少なく、その後の生活に支障をきたすことを考えると今のやりかたがベターかな、という感じです。

本当ですね、ここからが本当の正念場かもしれません。
いつもコメントありがとうございます。

DC2TYPER |  2015/11/11 (水) 14:30 No.12917


■るーくさん

そうですよね。

私たちにとって一緒に過ごしてくれた日々はかけがえのないもので、相手もそう思ってくれてると信じるしかないと思います。

本当にるーくさんの言うとおり、だんだん見ていて辛い段階に入ってきました。
飼い主として恥ずかしくないよう向き合って行こうと思います。

いつもありがとうございます!

DC2TYPER |  2015/11/11 (水) 14:26 No.12916


Re: タイトルなし

■ちゃがまさん
そうなんですよね。
かけたくないけど天秤にかけた場合、どうしても残りの生活を充実させてあげたいと考えました。

パチンコとはなんの関係もないのに色々ありがとです。

DC2TYPER |  2015/11/11 (水) 13:13 No.12915


犬飼いとしては他人事とは思えません(ノω・、)
うちもシニアですし・・・色々あります。

その後ワンちゃんの体調はいかがですか?
私も毎日思っていますが、
1日でも長い時間、一緒に過ごせますようにと願うばかりです。

第2使徒 |  2015/11/10 (火) 16:19 No.12914


私もワンコではないですが、ペット4匹を見送りました。
手術したことは、良かったのか悪かったのか...
未だに、時々思い出しては、いつも答えがでないまま、
エンドレスに思いがぐるぐる回ります。

ワンコちゃんとご家族のみなさまが、こころ穏やかにすごせますように!

きあら |  2015/10/14 (水) 00:53 [ 編集 ] No.12909


こればかりは天命としか言い様がないと思います。

手術しない判断は、良いと私は思います。
転移範囲とかの症状知らないのですが、手術した場合は年齢考えると逆に寿命を縮める可能性が高いと思います。
それであれば痛みの少ない余生を送らせてあげた方がいいと思います。

正直ここからだいぶ辛いことがあるとは思いますが、最後までしっかりと見てあげてください。

サート |  2015/10/08 (木) 07:41 No.12907


私は・・・
今でもたまに死んだネコの事を思い出しては『あのコはウチで飼われて幸せだったのかなぁ?』と考える事があります。

でも、いつも答えは同じで「それはあのコでないと分からないな」です。

ただ・・・
ペットと一緒に過ごした時間、少なくとも私自身は楽しかったし幸せな気分にしてもらった。
きっとペットだって同じ気分でいてくれてたに違いない。

そう思うようにしています。

これから辛い時が続くでしょうが、目を逸らさずに最後まで見てあげて下さい。
それもまた、そのコとの思い出の一つとなるでしょうから・・・

るーくさん |  2015/10/06 (火) 23:27 No.12906


高齢犬になると全身麻酔だけでもリスクがありますからね。

おしっこが出なかった病気のとき、腫瘍の疑いがあって検査の結果が出るまで、頭の中は真っ暗でした。


100%完治するならどこの病院でも、いくらかかってもと己も思います。おそらく己もDCさんと同じ選択をすると思う。
少しでも一緒にいてあげることが、わんちゃんのストレスを軽減できるかな。
書きながら泣けてきました...。

ちゃがま |  2015/10/06 (火) 22:58 No.12905

コメントを投稿する 記事: Were you happy life? その2~メラノーマ

お気軽にコメントをどぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

| ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。