アクセスランキング Were you happy life? その8~無力 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】
 

パチンコは胸の谷間よりも深い。 

Were you happy life? その8~無力 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ

Were you happy life? その8~無力

   ↑  2016/04/19 (火)  カテゴリー: 犬のこと
[15/12/10]…93日目
薬を入れたごはんを残すようになってしまった。
それに伴って、明らかに食欲がおち、体重も極端に減ってきた。

ササミのおやつや、とろみのあるササミの缶詰などを混ぜ、なんとか食べてきたが限界に来てしまった。
薬の入っていないごはんなら食べることもあるため、やむを得ず抗生剤の服用はさせていない。
明日は病院で直接注射してもらおう。


[15/12/11]…94日目
先生に一週間起こったこと、気になることを逐一 報告している。
足を引きずるように歩くこと、食欲が極端に落ちたこと、ふがふがとイビキのような音が鼻からすることなどを伝えた。

すると先生は、「この子は凄く頑張っています。この子が頑張っているうちは我々も頑張りましょう。」と言ってくれた。

そうだった。
我々は頑張っていると思っていた。
ごはんを食べさせる度に散らかる床、少し飲んでは取り替えなければいけない水、この子が寝る度に膿で濡れるシーツ。
家族みんな、そんなお世話をしていて少し疲れていたのかもしれない。

でも一番頑張っているのは本人だったんだ。

目が覚めた気がした。
もっと家族に出来ることがあるはずだ。
病院から帰ったらみんなで相談しよう。

また、念のためワクチンの接種はしなくてもいいのか聞いたが、先生は無言で頷いただけだった。


[15/12/19]…101日目
定期的に診て貰ってるから油断していたのかもしれない。
いつも先生には、処置できることは何もないと分かっていながら報告をしていた。
今日もそのつもりで先生に診て貰った。

先生「喉まで腫瘍が達しています。今すぐにではありませんが、これ以上気管を圧迫し呼吸困難になるようなら安楽死をお勧めします…。」と。

びっくりして言葉がでなかった。
正直なところ、何が原因で居なくなるのか想像していなかった。
病状が進行し、心臓が止まってしまうのだとぼんやり思っていた。
それが自分自身でそういう決断をする可能性があると、改めて知らされた。

肩で息をするほど気管が圧迫された場合、本人は凄く苦しいのだそうだ。

今年もあと10日足らず。
乗り越えられないと思っていた年越しの可能性が出てきたけれど、体重は3.0kgだった。
元気でいてくれればと思う反面、本人はどれだけ痛くて辛いのだろう。
どうしたら本人が辛くないのか、ついそういうことを考えてしまう。


[15/12/21]…103日目
ここ数日は足下がふらふらとし、一日中寝てばかりだ。
目に見えて体力が落ちているようだ。

今日も何も食べなかった。
大好きだったササミなども手を付けないし、食べてもほんの少しだけだった。

子ども達が寝たあと、嫁さんと二人でワンコのことを話し合った。

ふと嫁さんが「絶対後悔するし、自分で決断できないけど、これ以上悪化するなら…先生が言う…そういう選択肢もあるのかな…って。みんなが会社や学校に行っている間にひとりぼっちで苦しんで、そしてひとりぼっちで旅立ってしまったら、それが一番可愛そうで、そっちの方が後悔する気がする。 」と言った。

考えたこともなかったけど、確かにそうかもしれない。
嫁さんの考えには基本的には反対だけど、理解は凄くできる。

懸命に生きているワンコを目の前に、涙が出た。
自分は無力だ。
関連記事


(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-952.html

2016/04/19 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ

Comment


■だゆちゃん

だゆちゃん!ホントご無沙汰だね!元気だったのかな?
なんにしてもここのブログURLを取っておいてくれたこと、更新RSSか何かを登録しておいてくれたこと、そして訪問しコメントくれたこと、本当に感謝です。

一体向こうにとって何が幸せなんだろう、とそればかり考えてました。
こちら側でしたいこと、してあげたいことは、望んでいることなのか、それとも…そして長生き=幸せな人生なのかなって。

どうかだゆちゃんちのワンちゃんが幸せでありますように。
また気が向いたら遊びに来てね。

DC2TYPER |  2016/04/22 (金) 13:31 [ 編集 ] No.12989


■鹿ちん

そういう『最後を悟る』『その姿を見せたくない』という行動を取るって良くいうもんね。

みんなの大切な家族の最後を思い出すことになって、自分としては書いて良かったのか悪かったのか良く分からないんだけど、少なくとも今後同じようなことでネットを検索する方にはちょっとだけは参考になるかなぁ。

こちらこそ辛い思い出を書いてくれてありがとね。

DC2TYPER |  2016/04/22 (金) 13:19 [ 編集 ] No.12988


■にゅーださん

最終的には無力以外の何者でもなく、我々には何も出来ないんですけど、そこに至るまでにどんな行動をしたか、後悔するにしてもやるだけのことをやったのか、という自分への納得部分が大きいんじゃないかと思っています。

それが『獲得』≒『家族が得たもの』かもしれませんね。

DC2TYPER |  2016/04/22 (金) 13:16 [ 編集 ] No.12987


ご無沙汰してます。だゆです。
うちの実家にも14歳になる老犬います。
去年は病院の先生に心臓肥大で「いつどうなるかわからない。」とまで言われたことを思い出しました。
せめて看取ってあげたいと言う奥様の気持ちはよくわかります。
自分にその選択ができるかは別として、、
今はなんとか持ち直してます。
見守ることしかできないもどかしさに、本当に涙でます。

だゆ |  2016/04/21 (木) 09:41 No.12985


うちの子はその時を悟ったのか力がある内に小屋を破って逃げ出しました。
もう助からない、鼻からの腫瘍でした。
最後を看取ってあげれなかったのが心残りでもあり、何処かの家に拾われて最新の医療を受けて助かったのかも知れないと期待したりもしました。

多分、アカンかったんやろうけど、最後は息が出来なくて苦しんだんやろうなぁって、、、子供ながら思ったのを思い出しました。
ごめんなさい。

鹿。 |  2016/04/21 (木) 00:14 No.12984


こんばんわ。無力って言葉で浮かんできました。

タチコマ
「神様・・・ボクたちはなんて無力なんだ」

少佐
「そんなことはない。お前たちの獲得したものは、決して無力などではないぞ」

私も思います。『獲得』ではないけど・・・。

にゅーだ |  2016/04/20 (水) 02:14 No.12983

コメントを投稿する 記事: Were you happy life? その8~無力

お気軽にコメントをどぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

| ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。