アクセスランキング Were you happy life? その9~深呼吸 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】
 

パチンコは胸の谷間よりも深い。 

Were you happy life? その9~深呼吸 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ

Were you happy life? その9~深呼吸

   ↑  2016/04/26 (火)  カテゴリー: 犬のこと
[15/12/26]…108日目
動物病院の営業は今日で最後だ。
万が一に備え、注射をしてもらい休日中の対応について聞いておく。
来年は3日からなので、約1週間程度通院ができない。

事態が急変したら留守電でもいいので、電話して欲しいとのことだった。
ここまで症状が進行していると発作が起こることがあり得るとのことだった。
身体が硬直したようになり、けいれんを起こすらしい。

発作自体は10分から15分程度で収まるが、30分以上続く場合には非常に危険なため、すぐに連絡をしてくださいと言ってくれた。

年末年始はやることがたくさんあったり外出する予定があったりと、なかなかお世話ができない。
あの時こうしておけば良かった…などと後悔のないように行動したい。


[15/12/27]…109日目
もうトイレでしゃがんでおしっこをする筋力もないようで、別の場所でおしっこをしてしまった。
かなり夜も更けていたので、24時間営業の大型スーパーで、犬用のおむつを買った。
痩せてしまったので、子犬用の一番小さいサイズを買ってみる。

これからは常時おむつをしてあげた方が良いだろう。
ごはんは一回も食べなかった。


[15/12/28]…110日目
先生が言っていた通り、未明から発作がおきた。
突然身をよじって暴れ甲高い声を上げるワンコ。
とても辛そうだが 、身体をなで抱きしめてあげることしかできない。
それが10分くらい続くと、その後すやすやと寝息をたてる。

しかし数十分もしないうちにまた発作。
家族を起こさないように気をつけながら、大丈夫だよと声を掛けた。

その後も何度か発作が起き、寝不足のまま朝日を迎えた。

この日は大掃除をすることにしていて、午前中にゴミを捨てに廃棄場に行った。
いろいろみんなで話し合ったが、もう使えない使わなくなったワンコのおもちゃなどを捨てることにした。

1時間ほどして私が帰ってきたときに、嫁さんがふとワンコをみた。
なにかがおかしい。
抱きかかえたときに力がまったく入っておらず、ぐにゃりと身体が曲がってしまっている。

ぐったりとしていて、呼吸が弱い。
そしておしっこをしてしまった。

ついに、ついにそのときが来てしまった。

まずは先生に体調が急変したことを留守電で知らせた。

みんなで代わる代わる抱っこをし、いままでありがとうと声を掛けた。
最後に大好きな嫁さんの腕のなかに抱かれ、まるで深呼吸をするように、ため息をつくように、5回ほど大きく辛そうな呼吸をした。

そしてみんなに見守られながら、安らかに、静かに呼吸を止めた。
午後0時50分だった。

辛かったかな。
痛かったかな。
私たちは、できることをしてあげられたのだろうか。

ありがとう。
本当にありがとう。
我が家に来てくれて、そして家族みんなをしあわせにしてくれて。
家族になってくれて、ありがとう。
向こうで義理のお母さんと一緒に、元気に走り回って。


ひとしきり泣いたあと、気力をふりしぼり、事前に決めていたペット霊園へ電話をした。
お葬式は2日後とのことだった。

いつも寝ていた犬用のベッドの中に寝かせ、そして家中にあった保冷剤を身体にあて、バスタオルで包んだ。
夕方になっても身体が少し暖かいからか、まったく居なくなった実感がない。

夕方動物病院の先生から折り返し電話が掛かってきた。
改めて生前の対応に感謝を述べた。
「何もしてあげられませんでした…」と、先生も涙声だった。

今日はみんな同じ部屋で、ワンコの周りで一緒に寝た。


[15/12/29]
大掃除は中止し、みんなで思い出を整理した。
明日にはこの家から居なくなってしまう。
その前に代わる代わる抱っこをし、身体を撫で、拭いてあげた。

それでもまだ実感がわかない。

ワンコをよく知る、古い友人が夜遅くに尋ねてきてくれた。
みんなで思い出話をしたあと、泣いた。



[15/12/30]
自宅から30分くらいのところにある、ペット霊園にいった。
恭しく出迎えてくれた女性の対応は人間と変わりなく、家族が亡くなったという扱いをしてくれた。

生前の写真と好きだったおやつ、おもちゃを持参し、行って欲しいことを筆記する。
合同葬をするか、読経をするか、音楽を流すか。
我が家は個人葬で骨拾いをし、読経はせず音楽だけを流すことにした。

子どもの声で「いままで可愛がってくれてありがとう」と犬になりかわった感謝の言葉が数分ながれ、その後アメイジンググレイスが流れた。
一通りのお別れの儀ののち火葬が行われ、人間と同じように骨拾を行った。
ただ、読経はなにか違う気がしたので行わなかった。
別に購入したロケット4つに、家族みんなの分の犬歯を入れることにした。

人間と同じような流れで最後にお線香をあげ、お骨を持って帰った。
ロケット4つと葬儀費用をあわせ、計2万数千円だった。
体重や地域によって費用は変わるのだろうが、少しでも参考になればと思う。

帰り際に写真立てを買い、とっておきの写真を入れた。

家に帰るとなんだか力が抜け、みんな無言だった。
いつもちょこんと座っていた専用のソファ…くるんでいた毛布…まだ香りが残っている。
ふとどこかからしっぽを振って駆け寄ってくるような気がした。

今はまだ実感はないけれど、流れに任せてゆっくりと日常に戻っていこう。

私たちにとって、結婚と同時に家にやってきた彼女と過ごした15年間は、とても幸せでかけがえのないものだった。
彼女がもし話せたら、聞いてみたいことがある。

・・・「幸せな人生だった?」と。

~おわり~


2015-12-28 141210


あとがき。

ようやく区切りがつき、エントリにすることができました。
4ヶ月たった今でも、このエントリを書いたり読んだりすると自然と涙が溜まってきてしまいます。

結局病気が判明してから約3ヶ月ちょっとでした。

この一連のエントリ内のコメント欄などで昔の愛犬とのことを思い出した方がたくさんいらっしゃいました。
それを拝見して、このエントリを書いて本当に良かったのか、結論がでないままです。

メラノーマは恐ろしく進行の早い病気です。

おそらく自分の愛犬に異物ができたとき、私たちがそうだったように、片っ端から『メラノーマ』という単語を検索しまくると思います。
これからどんなことになるのか、手術はした方が良いのか、予後は?余命は…?

そんなときこのエントリを見た方が、少しでも愛犬の異変に気が付いて、一日でも早く病院へ連れて行って欲しいと思います。
もしくはネットから同様の症状が綴られているブログを見つけ、そこから希望や絶望を与えられ、そして最後は病気と向き合っていく課程のなかで、みなさんと愛犬との大切な時間を少しでも増やすことができたらと思います。


最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
関連記事


(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-953.html

2016/04/26 | Comment (16) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ
この次の記事 : 近況のほうこくー。
この前の記事 : Were you happy life? その8~無力

Comment


■ぶ~しゃん

おおおおお、ご無沙汰してました!
お元気ですか?

って、何故謝るんですか。
めっちゃ嬉しいですよ。

本当に自己満足なんじゃないかと悩みました。
下顎を取ってまで、注射を打ってまで、ごはんが食べられないのに…
最期まで結論は出ませんでしたけど、やって後悔していないことは、前に進めるいいきっかけなんだと思います。

今はみんな前を向き、受け入れていますもの。

また遊びに来てくださいね。
ありがとうございました!!

DC2TYPER |  2016/05/20 (金) 10:09 [ 編集 ] No.13005


■ポラリスさん

そうなのかなー、そうだといいなー・・・
怒るのは私の仕事だったからなー。

1年くらい経ったら、また飼ってしまうかもしれません。
そのとき、また、比べることなく新しい家族を迎えられるのか、そこが心配だったりします。

ま、楽観主義なんだ大丈夫なんですけど(笑)

ありがとうございました!!

DC2TYPER |  2016/05/20 (金) 10:06 [ 編集 ] No.13004


■きあらさん

ああ、そんなん読んだら会社で泣いてまうやろ!(笑)

今でもデジカメやスマホに入っている写真や動画を見返しては、癒されています。
自分がペットロスなのかイマイチ良く分からないんですけど、この"癒し"というのが家族に必要なのは判ります。

彼女が我が家を選んでくれたのだ、と思いたいです。

いろいろありがとうございます!

DC2TYPER |  2016/05/20 (金) 10:03 [ 編集 ] No.13003


■リリさん

看取るというのは、出来そうで出来ないものなんですね。
みんなから聞いてはいましたが、実感出来ずにいました。
夜中あても無くウロウロとする彼女を見て、どこかに行きたがっているようにも見えました。

「これが犬を飼うという責任なんだよ」、と子ども達に教えられたのは、彼女のお陰ですね。
子ども達はすっかり立ち直ってますが(笑)

ありがとうございました!

DC2TYPER |  2016/05/20 (金) 10:00 [ 編集 ] No.13002


■だゆちゃん

彼女がもし喋れたら、きっと色々怒られただろうなー。
病気に罹る前にもっと大切にしとけ!って(笑)

それでも彼女と過ごした15年間は本当にかけがえのない日々でした。
また、同じ気持ちになれるか判らないけど、やっぱり居るだけで癒され、みんな笑顔だったなーと思います。

ありがとね!

DC2TYPER |  2016/05/20 (金) 09:56 [ 編集 ] No.13001


■ナンジョウさん

会社なのに、ちょっとうるうる来てしまいました。
まだ彼女が寝ていた犬用のベッドは我が家にあり、それを見ると泣きそうになってしまいます。

最期を看取ってあげられたのは、本当に幸せなことなんだなぁと思います。
苦しそうに呼吸をしていたあの日のことが、夜中に発作を起こしていたあの日が、やっぱり頭から離れません。

ペットを亡くしたあと、二つの道があると聞きます。

ひとつは、向き合い、受け入れ、新たな家族を迎え入れる方。
もうひとつは、同じ経験をしないよう、もう飼わないと決める方。

どちらの気持ちもすごく良く分かるし、自分でもどうなるか判りませんが、自然の流れに任せたいと思います。

本当にありがとうございます。

DC2TYPER |  2016/05/20 (金) 09:53 [ 編集 ] No.13000


■ちゃがまさん

こちらこそご丁寧に有り難う御座いました。

まだふとした時に思い出してしまいますが、だんだんと時間が解決しているような気がしています。
みんなこの気持ちを乗り越えて来たんだな…と思いました。

DC2TYPER |  2016/05/20 (金) 09:46 [ 編集 ] No.12999


■bravoさん

そのお気持ちだけですごく救われます。
結果なのではなく過程なのだと、そう思うことにしています。

子ども達はたくましく次飼うとしたらどんな犬が良いかを話し始めていますが、私と嫁さんはまだ切り替えられません。
ゆっくりと向き合っていこうと思います。

ありがとうございました。

DC2TYPER |  2016/05/20 (金) 09:44 [ 編集 ] No.12998


Dやん…ずっと気になってたのですがコメント出来ませんでした。
ごめんなさい
最後までお見送り出来て良かったですね。私もうちのこを亡くした時1年半も闘病させて本当に良かったのか悩みました。飼い主の自己満なのかと
それでも生きようとしてくれてる限り 家族としては治療を選びます。
うちの仔もDやんちの仔も幸せだっと思いたいです。

最後にわんちゃんのご冥福をお祈りします

ぶ~しゃん |  2016/05/07 (土) 09:28 No.12997


長い間看病お疲れ様でした。
もしわんちゃんが話せたのなら、きっと一番望んでいる答えを言ってくれると思います。

ポラリスラブ |  2016/05/02 (月) 18:33 No.12996


看病とお見送り、おつかれさまでした。
ワンちゃんのご冥福をお祈りします。
きっと空の上で元気に走り回っていると思います。

どこかで、「ペットは、飼い主が選んでお迎えするんじゃなくて、
ペットが飼い主を選んで、そのお家にくるんです」と読んだことがあります。
だからきっと、DC2さんちのワンちゃんも、
最後までお世話してもらえると信じて、DC2さんちを選んだんだと思います。
ワンちゃんは、病気は辛かったけど、最後まで見守ってもらえて
きっと幸せだったと思います。

きあら |  2016/05/01 (日) 13:24 [ 編集 ] No.12995


看取ってあげることが、飼い主としてできる最期のお仕事です。
でも、それをかなえられない方もたくさんいます。
そういう意味では、DC2さんも、ワンちゃんも、幸せだったといえるのはないでしょうか。

痛みから解放されて、空の上で元気に走り回っていますように。
ご冥福をお祈りします。

第2使徒 |  2016/04/30 (土) 14:01 No.12994


こんなにも家族に愛されて、ワンコちゃん幸せだったと思うよ(^ ^)

だゆ |  2016/04/28 (木) 09:32 No.12993


まずは大切な愛犬のご冥福をお祈りします。

私も昔犬を飼っていたんですが、
最期をちゃんと看取ってないのです。
それは自分が就職して地元を離れていたこともあるんですが
実家にいた皆が最期をみていないのです。
それは病気でフラフラのくせに、
自分から姿を消してどこに行ったか探せなかったから。
私の家族はありとあらゆるところを探し、
保健所や警察にも連絡をしたけど、結局見つからずに
あれからもう10年以上経つけれど、
失踪を知らせてくれた母からの電話の声を思い出しては、
彼女のいつもいた実家の場所を見ては泣きそうになる自分がいます。
最期をみれないって、本当に踏ん切りがつかないことですね。
今実家では新しいワンコ(今年4才になります)がいるけど
それでもたまに名前を間違えて呼んだりしてるのを見ています。

だけど、「だからDCさんは幸せだ」なんては言いません。
けれどDCさんたち家族皆と最期までいれた彼女はきっと幸せだったよ、
って言ってたと信じてます。
絶対絶対、そうですよ。

ナンジョウ |  2016/04/26 (火) 22:13 [ 編集 ] No.12992


大切なご家族のご冥福をただただお祈りいたします。

ちゃがま |  2016/04/26 (火) 21:46 No.12991


お疲れ様でした...言葉を選ぼうとしても他に思いつきませんでm(_ _)m

幸せが何なのか考えてしまいました。
この答えのない問に何度向き合っても今より強くなれる自信はなく...ただ素晴らしい御家族であることは間違いなくてとても羨ましく思いました。

bravo |  2016/04/26 (火) 11:25 No.12990

コメントを投稿する 記事: Were you happy life? その9~深呼吸

お気軽にコメントをどぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 近況のほうこくー。
この前の記事 : Were you happy life? その8~無力
| ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。