アクセスランキング エロスな記事 no..727.722.210 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】
 

パチンコは胸の谷間よりも深い。 

エロスな記事 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】

このページの記事目次 (カテゴリー: エロスな記事

← 前のページ  total 8 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ

キャバクラとAKB48と。

   ↑  2011/06/07 (火)  カテゴリー: エロスな記事
噂は色々あるけれど、私が品行方正な言動なことは周知の事実。

過去に「札幌におけるキャ○クラ講座」、「すすきのの正しい歩き方」などをやっとの思いで書き上げた経験もあるけど、苦手なんだよなぁ。

我が同胞、「ご主人ちゃまのアフター6」ちゃまゲさんや、「☆ゆきんこの おうち☆」のまさ★さんが何やらけしからん台を打ったみたいなので、社会勉強のために仕方なく私も打ってみた。

CRラブ嬢。

基本的にこの手の台は好き嫌いが分かれるだろうなぁ。
まあそもそもキャバクラという場所が中途半端の極みなんだよね。

ほとばしる熱いパトスで思い出を裏切るわけでもなく、かといって普通のスナックよりは高級。
キャバクラは、まあ簡単に言えば嬢との疑似恋愛がテーマなんですわ、おそらく。
「こんなE女をおとしてー!エッチしてー!」みたいなね。

そのせめぎ合いというか、何十人、何百人とくるお客に、いかに特別な感情を抱かせるか。
いつか振り向いてもらえるかも、という数%の可能性を残しうまくお客の感情をコントロールする。

そして客は、自分が入れ込んだその娘に喜んでもらいたい。
これはAKB48の人気投票などの商法に凄く近いと感じる。

AKB48の特定の子を応援するために、CDを5500枚購入した人がいる。
金額の大小はあれど意外とあり得るかもと思った方もいるんじゃないだろうか。

お気に入りの子をお店のNo.1にしたいから、超高いボトルを入れる。
同じじゃん。

まあAKB48の方の見返りは、握手だったり2ショット写真だったりと、取るに足らないようなものですけどね。

その辺の醍醐味が不要な、直球勝負が大好きな方には耐えられないシステムですな。
このブログは寸止めがコンセプトなので、非常にマッチしてると言えるけれども。

何を言いたいかというと、CRラブ嬢はその辺のワビサビシステムを導入しないと、リピータにはならないよ、ということですよ。

blogrankingbanner
↑分かったような、分からんような…と思ったら押して。

実践日記へ。

この記事に含まれるタグ : 稼働日記 エロス 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-727.html

2011/06/07 | Comment (14) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ

揉みたかったー。

   ↑  2011/05/19 (木)  カテゴリー: エロスな記事
(イントロ)

揉みたかった 揉みたかった 揉みたかった π!(アオアオアオ!)
揉みたかった 揉みたかった 揉みたかった π!(アオアオアオ!)
君の・・・

自転車発電で 股間いじりながら 家に帰る
変に膨らんでる パンツも今はもどかしい

やっと気づいた 本当の気持ち
正直に行くんだ たったひとつこの道を 走れ!

好きならば 好きだと言おう
誤魔化さず 素直になろう
好きならば 好きだと言おう
胸の内 さらけ出そうよ

揉みたかった 揉みたかった 揉みたかった π!(アオアオアオ!)
揉みたかった 揉みたかった 揉みたかった π!(アオアオアオ!)
君の・・・

ども、DC2TYPERです。

のっけから変態MAXですが、気にしないでください。
おそらくCR銭形平次 with Team Zを打った大半のブロガーは「会いたかったー!」とかいうタイトルを付けると思うので、そこを逆手に取った作戦です。

なんか一部の方から不幸の手紙が届きそうな勢いですが。

そう、私も打ったんですよ、銭形平次。

というわけで、替え歌の余韻が冷めないうちに実践日記へ。

blogrankingbanner
↑替え歌が頭から離れなくなったら押して。


この記事に含まれるタグ : 稼働日記 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-722.html

2011/05/19 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ

昔むかしの初体験のお話し

   ↑  2011/03/22 (火)  カテゴリー: エロスな記事
ども、DC2TYPERでございます。

いろいろと悩んだのですが、今日は…いや今だからこそ初体験の話でもしようと思います。
このエントリ番号を見てもらうと分かるんだけど、あまりにもしょうもないエントリなので長年お蔵入りしていたのです。

まあ読んだ方へ少しでも元気が分けられれば、という趣旨で公開します。



[注:お食事中もしくはその手の話題が苦手な方は、お読みにならない方が良いと思います]
好きな方はティッシュを用意し下半身を露出してお読みください。







大学生の頃。
ある日を境に、突然おしっこするときにアレが痛み出した。
なんというか根もとの方から痛むというか、ずっっきーーんって感じで。

ま、そのうち治るだろう…なんてのんきに考えていたら、日に日に痛くなってきた。
そして出までに凄く時間が掛かり、量もしょぼしょぼで常にZNK(ザンニョウカーン)。

一体どうしたことか。
そのうちピンク色のおしっこになってきた。ぐぬぬ…これはやばい。

このままにしていても治りそうもないので、病院にいかねば。
しかし…内科?泌尿器科?
泌尿器科はとても恥ずかしいからイヤだなぁ。

取り敢えず内科へ。
問診開始。

内科の先生「んー最近疲れてる?」
DC2「そうですね~そこそこは。」
内科の先生「最近性交渉した?」
DC2「そうですね、最近は(強調)ご無沙汰です。」
内科の先生「あ、そう。じゃあ泌尿器科だね。」
DC2「え…」

というわけで総合病院だったので、そのまま泌尿器科へ。
イヤだなぁ。

泌尿器科の先生(以下女医さん)「どうしました?」
DC2「…(わ、若い女医さんだ)」
女医さん「…?」
DC2「あ、あの最近おしっこをするとあそこが痛いんです。」
女医さん「最近セックルとかした?」
DC2「(す、ストレート!)…いえ、最近は。」
女医さん「うーん、じゃズボン脱いでください。」
DC2「はは、はい!」

えーいわゆる下半身の触診て奴ですか?
これはとんでもない展開。

ああん、どうしよう…もしも僕の暴れん坊将軍が「その悪事、許すわけにはいかぬな」とか言っちゃってエキサイトしてしまったら!

女医さん「あらあら、あなたの将軍は元気なのね?なんなら先生が逆に成敗してあげましょうか?」
DC2「う、上様!!…ははぁ、畏れ入り奉りました!」
とか言ったりして、きゃあああ!!(違う病気


ごそごそ…


私の変態妄想を知ってか知らずか、その間にその女医さんはなにやら準備をしてる。
ゴム手袋を着用している。

…?

女医さん「はい、じゃあその診察台に四つんばいになってください」

なんだかちょっと嫌な予感。
ぺろんと脱いだ下半身には、だらしなく垂れ下がる暴れん坊将軍が。
とりあえず診察台に四つんばいになる。

DC2「…は、はい。えっとここですか?」
女医さん「はい、力抜いてくださいね~」

DC2「え?わ、わかりま…はうぁっっっっ!
女医さん「グリグリ…んー前立腺は腫れてないわね~グリグリ…」

ちょちょちょちょ!
全く心の準備もできなてないのに、いきなりの挿入。

まさかの勢いに、MY 上様は体にめり込みかねない勢いだ。
これではどっちかというと水戸黄門ではないか。
いや、発音的に。

女医さん「これは膀胱炎だね~グリグリ…」
DC2「……」
女医さん「ちゃんと薬飲めば治りますよ~はい、おわり(ふきふき)」


いやもうね、声一つだせないの。
中学生の頃からエロマンガ島を地図で探し、友達から借りた和英辞典の男性器や女性器の欄を蛍光ペンで引いててから返すくらいの真面目青年だったのでね。

こんな恥辱プレイは初めてでしたよ。

そっからなのかなぁ…こんな変態になったのは。


というわけで急性膀胱炎と診断された私は、抗生物質を飲んで良くなりましたとさ。
皆さんも注意してくださいね。

blogrankingbanner
↑何かの初体験と勘違いした方は、ポチっと。


この記事に含まれるタグ : ネタ エロス 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-210.html

2011/03/22 | Comment (15) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ
| ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。