アクセスランキング 家族愛 no.745.719.702 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】
FC2ブログ
 

パチンコは胸の谷間よりも深い。 

家族愛 【 パチンコは胸の谷間よりも深い。 】

このページの記事目次 (カテゴリー: 家族愛

← 前のページ  total 4 pages  次のページ →  

いじめっこショウ君。

   ↑  2011/09/06 (火)  カテゴリー: 家族愛
ども、DC2TYPERです。

8歳になるウチの息子と、保育園の頃からずっと一緒の悪ガキがいる。
仮にショウ君とでもしよう。

ショウ君は、本当の強さで登場したとても乱暴な子どもだ。

その後同じクラスということもあり母親同士は仲良くなり、色々と観察した結果どうも感情が高ぶると先に手が出るタイプだと分かった。

ことある毎に息子から、ショウ君に乱暴された話や、その傷跡を見せられた。
おそらくこちらにも非があるだろうし、小学生のケンカなど親が出る幕でもないが、いじめなら話は別だ。
先方に苦情を入れようか、夫婦で話し合ったこともあった。

ショウ君のその乱暴な性格が災いし、クラスでも孤立していると息子が言っていた。


ある日、児童館(放課後に一時的に子どもを預かってくれる施設のようなもの)で息子が弁当を食べようとしたときに、椅子が足りなかった。

息子は「どうして僕だけ!」と抗議したが、先生は「ちゃんと座らないからだよ!」と、取り付く島もない。

娘がいうには、児童館の先生が着座場所を決めていて、詰めれば座れたのにウチの息子だけがあぶれたとのこと。
ちなみに先生はちゃっかり座っていたらしい。
結局息子は、まるめてあるマット上に座ってお弁当を食べた。

まあ実際に見てないし子どものいうことなので文句をいうつもりもないけど、なんだかモヤモヤする話だ。

普段細かいことを気にしない息子も、さすがにショックを受けた。
しょんぼりしながら一人弁当を食べる息子。

さっきから、しきりにショウ君が息子の回りをウロウロしている。
息子も思わず「なんだよ!」と八つ当たりをしてしまった。
するとショウ君は、「うっせ、なんでもねーよ。」と言った。



しかし、ショウ君は無言で息子の横に座り、一緒に弁当を食べ出した。



息子から「ショウ君は本当は優しいんだよ!」と、この話を聞かされたとき、素直になれず感情が先走ってしまうけれど、根は優しい子なんだろうなと思った。

今も相変わらずショウ君とはケンカばかりだが、息子は以前ほどショウ君を嫌がらなくなった。

blogrankingbanner
ショウ君の優しさに感動したら押して。

実践日記へ。

この記事に含まれるタグ : 稼働日記 双子 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-745.html

2011/09/06 | Comment (22) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ

大は小を兼ねまくる。

   ↑  2011/05/09 (月)  カテゴリー: 家族愛
ども、DC2TYPERです。

みなさんGWはいかがでしたか?
好感度UPのために書いておきますが、私は家族を連れて知床まで行ってきました。
2泊3日だったのですが、そのときに起こったことでも。

知床は自然保護のため自動車でいける範囲や時間が非常に限定されています。
必然的に船などで観光することになるのですが…。

適当に入った案内所でチケットを購入し、案内されるまま船着き場まで徒歩で移動。
そこには漁船に毛が生えた程度(といっても50人は乗れるのですが)の船が。
嫁さんは観光船のような数百人が乗れる船をイメージしており、たいそうガッカリしていた。

出港すると、気の良い案内役のおっちゃんがテンポ良くトークを繰り広げる。
おっちゃん「あー、あの岩に居るトリたぢは、みんなしなです、しな!」
…「ヒナだろそれは」となまってることをそっと心にしまっておくジェントルメンな私。

そうこうしているうちに、漁船クルーズは中盤へさしかかる。
そこで遠くにクマを発見、俄然テンションがあがる乗客達。
「どこどこ?」「あーいたいたいた!」
いたるところでシャッターが切られ、それに呼応するように、おっちゃんが言った。

おっちゃん「どうやらグマがいだようなので、すばらくここにとまります!」

すぐ近くには乗りたかったデカイ観光船がおり、向こうが立てた波を停船中のこちらはモロに受ける。
どんぶらーこ、どんぶらーこ、とゆっくりかつ大胆に揺れる船。
何かにつかまらないと立っていられないほど揺れた。

この辺から乗客の様子が明らかにおかしい。
「すいませーん、エチケット袋ください…」「あ、すいません、こちらにもくださ…い」「あの、ティッシュありますか…?」「ママーだっこ!ママー!」
などと聞こえてくる。
そこには地獄絵図が広がっていた。

うつろに目を見開き、口を開けたまま放心する母親と、抱きかかえてもらえず号泣する子ども。
奥さんを介抱するうちに自分までやられてしまったダンナさん。
もはや笑顔の乗客は一人もいなかった。

仕事柄小さな船舶にも乗っている私でさえ、すっぱいものがこみ上げてくる勢い。
ちゃんと睡眠をとり、朝食もしっかり取っているにも関わらず、だ。

おそらく乗客達は万全の体制で臨んではいないだろうし、今日は波が多少高い。
マジで海をなめちゃいけないぞ、君たち。

普段車酔いを一切しない子ども達は「眠い」といったきり寝てしまい、嫁さんは必死に周りをみないようにしていた。
何かきっかけがあれば犠牲者の仲間入りをするだろう。

ここで操舵士が空気を読まず入り江に進入、あろうことか停船して観光スポットを律儀に案内する。
「そんなことはどうでもいいから早く陸に揚げろ!」という言葉の代わりに、また一人誰かがエチケット袋を大声で要求した。

ずっと苦笑いしていたおっちゃんは、「あー、あど20分ぐらいでとうちゃぐします。」と言ったきり、案内をやめた。
沈黙の船内では、ガサガサとエチケット袋に何かが溜まる音と子どもの泣き声だけがこだましていた。

こうして漁船クルーズは阿鼻叫喚クルーズへと代わり、おっちゃんの「まだきでくださいね。」というシメの挨拶もむなしく、みな無言で船を後にした、というお話でした。

皆さん、船はデカイ方がいいよ、マジで。

2011_04_30_14_12_24.jpg

blogrankingbanner
↑何かこみ上げたら押して。

実践日記へ。

この記事に含まれるタグ : ネタ 稼働日記 

FC2スレッドテーマ : パチンコ・パチスロ日記 (ジャンル : ギャンブル

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-719.html

2011/05/09 | Comment (13) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ

エアチョコを流行らせよう。

   ↑  2011/02/18 (金)  カテゴリー: 家族愛
こんにちは、DC2TYPERです。

無駄に居残りをしてみたものの、誰も私が一人になるのを待っていませんでした。
おかしいな。
けど、いつも仲良くしてくれる妙齢の女性から1個くれました。
贅沢はいっちゃイカン。

でもね、娘から愛のこもったチョコもらったの!



えへへ、いーでしょ。
コンビニでこれ見つけた娘がね、「あー、パパ見て!これパパにかったげる!」と、いそいそと自分の財布からお金出して買ってくれたの。
うぅ、なんて可愛いんでしょう。

やはり変態の子はまともに育つ。


嫁さんからはカッコイイ名刺入れと焼酎。
義妹からは缶ビール6缶とチョコのセット。
そしていつも仲良くしてくれる嫁さんの親友からも1個。

さらに遠く本州の、みきさん第2使徒さんと、モモコロさんから、エアチョコが届いた。
なに?エアチョコがわからん?
気持ちだよ、気持ち。

どうせなら恵方巻きとかじゃなくて、こういうのを流行らせろって話ですよ。

これはカウントしてもいいんじゃないかね。
ということは、計8個。
おおおおお、これぞリア充。

時期は若干、ほんの若干過ぎましたが、エアチョコやチョコ代わりの自画撮り写真、ラブレターなど随時受付中です。

では稼働日記あらため、実践日記へ。
blogrankingbanner
↑実践日記のときはランキング復活。だから押して。


この記事に含まれるタグ : 稼働日記 

(記事編集) http://dc2typer.blog88.fc2.com/blog-entry-702.html

2011/02/18 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ
| ↑ ページ先頭へ ↑ |